2020年・令和2年を迎えて

1900年代(20世紀)1の時代

男性性の時代であり

 

2000年代(21世紀)2の時代

女性性の時代である

 

このことを、まずはしっかり意識に落とし込んでいただきたいと思います

 

その上で…

 

2020年・令和2年は数の構成を見たとき2と0が目立ち、社会サイクルでは4の年に当たりますが、鍵となるのは「2と0」と言えます

 

『令和』と元号が決まったとき、皆さん、どんな印象を持たれましたか?

 

万葉集から来てる確かにです

昭和平成令和なので、また和!と思われた方もいるでしょう

 

私は数秘家なので、最初に「ゼロが来た‼️」と思いました。

 

去年から、私の中に強いメッセージとして降りてきたゼロ

ゼロについては、講座の中でも何回か触れてお話しています

 

0の意味無、リセット、瞑想、宇宙

 

令和と発表があってしばらくは、文字の変換で『れいわ』と打つと『零和』など、零という文字が出てきました

 

2020年とは正に西暦に和暦が融合した年

この『0と0』は『零と和』

そこに大きく関わってくるのが女性性を表す『2の存在2つ』なのです

 

この『2の存在2つ』は皆さんが閃くものでいいと私は思います

 

女性性を表す、と言えば

・天照大神

・木花咲耶姫

・弁財天

・聖母マリア

・女神イシス

・女神ハトホル

・女神ペレ

・楊貴妃

などなど

 

それら女神たちと令和がガッチリ手を結んだ2020年は他国と日本ではなく、見えない世界と見える世界でもなく、全てが融合した宇宙そのものとなる凄い時代の幕開けとなります

 

〈れい〉

れい零、霊、麗、礼

チベット語でレイワ希望(HOPE)

ハワイ語でlei→愛しい人、絆、親愛

 

〈れいわ〉

ゼロと和するゼロへ還る

ありのままの自分

自然体の自分

オーセンティック(正真正銘)な自分

これらに還るためのジャーニーが始まった

 

それが『令和』の年であり、『2020年』なのです

 

 

数秘では運気の流れを9年サイクルで見ていきます

(ゾロ目の1122の年はあります)

 

成長サイクルで見たとき、

123

456

789

 

2020年は社会サイクル4の年となり3から4への移行はとても大きな変化が現れると言われています

 

3の年で言われてきた『破壊と創造』

 

これは正に、令和の意味する「ありのままの自分になる」ともつながり、破壊つまり本来の自分でないものを手放す(クリアリング)をまずは行いなさい、そして、正真正銘・ゼロの自分へ還るジャーニーが2020年からの3年間で行われていくでしょう

 

この流れは、マインドフルネス瞑想の広がりや、現代のリーダー論としてオーセンティックリーダーシップという言葉が出てきたことにもつながります

 

2019年は3の年でした

正しさより楽しさ・ワクワクすることを意識し、そこから自分の価値観を見出し、2020年・令和2年、自然体の自分へ還る旅を始めていただきたいと思います

 

オーセンティックな生き方(自分を大切にする生き方)とは、他とつながり、時空とつながり、自ら紡いで創り上げていくものだと私は思っています

 

皆さん、一人一人が輝きを放ち、愛と幸福を受け取り与える平和な時代に益々向かっていくと、私は信じています

 

 

 

愛と感謝を込めて

 

まずは数秘計算で、あなたや、あなたの気になっている方の“マイナンバー”を知ることからはじめてみませんか?

\自然体に生きるヒントをお届け!/
小林朋子のLINE公式アカウント

友だち追加