· 

数秘術を紐解く

今日は数秘術に興味を持った方なら、必ずそのルーツを知りたくなるだろう……ということでお伝えしたいと思います。

「数秘術の父」と言われるのは、誰もが知っている古代ギリシアの数学者であり哲学者のピタゴラス。

「ピタゴラスの定理」や「ピタゴラスイッチ」で有名ですよね。

賢人・ピタゴラスが紀元前6世紀に、

・あらゆる事象には数が内在していること
・宇宙の全ては人間の主観ではなく数の法則に従うのであり、数字と計算で解明できる

という思想を確立したと言われ、

・和音の構成
・惑星の軌道

多くの現象に数の裏付けがあることに気がついたとされます。そして「宇宙の全ては数から成り立つ」として、

・数の性質を研究
・宇宙の真理を追究

を、していったのです。

古代の偉大なる哲学者ピタゴラスが説いた「万物は数なり」。

哲学との結びつきから、

『数秘術は叡智・Wisdomである』

このことがはっきりと見えてきます。

次に、「ユダヤ人に伝わる秘儀」と言われるカバラについてです。

カバラ(Kabbala、Cabbala)はヘブライ語で「受け入れ」「伝承」を意味し、神から伝授された智慧として、ユダヤ教の伝統に基づいた神秘主義思想と言われています。

独特の宇宙観を持っていることから、仏教の神秘思想の密教との類似性を指摘されることがあり「西洋の密教」と呼ばれるほどです。

カバラの思想は「生命の樹」と呼ばれる象徴図で表されるのですが、聖書を神秘主義的に解釈する際、生まれたのが数秘術で、ここで「カバラ数秘術」が生まれ、運命解読法として世に広まったとされます。

小林朋子式数秘術はカバラ数秘術をさらに現代風にアレンジした誕生数秘に基づいて、生活に活かす知恵(自己受容と他者信頼から人間関係に役立たせること)としてお伝えしていますが、「哲学」つまり「叡智」「真理」とは切っても切れない縁があることを、数秘術の歴史を紐解くことで、理解していただけたのでは?と思いますし、数秘術とはあらゆる占星術の起源とされ、それ故に「人類最高の智慧」と言われるのです。

大転換期と言われる時代に『哲学』は今、脚光を浴び、私たちに生き抜く智慧を教えてくれます。

私は大学では哲学科美学美術史専攻でしたが、今の時代は経済問題にしても、歴史や宗教、哲学などが複雑に絡み合っているとされ、新たな日常をしなやかに、心の折り合いをつけて颯爽といきるためには、「数」という「叡智」を「智慧として生かしていく」ことが、求められていると思っています。

私が伝えたい数秘術は
単なる占いではなく
統計学を用いて
生活に活かす

そこには
ピタゴラスから受け継ぐ叡智としての流れ
哲学を受け取り
大転換期をより軽やかに
プラスの思考ではなく
ゼロに還る
本質との統合を目指していく

「数」を身近に感じてほしい

人生をより豊かなものにしていただくための智慧と捉えていただけたらと思います。

 

愛と感謝を込めて

\気軽にはじめるオンライン講座/

毎月開催

「人類最高の智慧」とも言われる数秘術。生年月日から算出された3つの数字から強み、本質、課題を読み解く基礎講座です。

数字の持つ性質からグルーピングされたバランスボックスを用いて、数字の特徴を理解し、相性を読み解く講座です。

人生の羅針盤と言われる「9年サイクル」を学ぶ講座です。数秘を人生により生かすために、過ごし方のポイントを学ぶ講座です。



2021年を数秘で読む♪

~prologue~

 

皆様こんにちは、ともこです。 この動画は、今年をどのように過ごすかのヒントを、2021年の数を読み解きながらお届けするという内容になっています。ご興味のある方は是非ご覧いただけたら幸いです。

 

まずは数秘術計算で、あなたや、あなたの気になっている方の“マイナンバー”を知ることからはじめてみませんか?

\数秘術コラム and more!/

ともこのLINE公式アカウント

友だち追加